関東建鉄株式会社はアクリル水槽、大型アクリル水槽、製造・販売のトップメーカーです。

電話でのお問い合わせは 090-7402-1654
TEL.0475-30-2051 FAX.0475-30-2052
※迷惑電話防止のため、基本的に固定電話には出ませんので携帯電話へお電話ください

海辺の日記

2013年1月某日

本日は連休の二日目、神奈川県伊勢原市から龍魚ファンのAさんが来場されました。渋滞を避けるため、朝8:00には到着されました。営業時間はAM9:00からですが、ご連絡を頂ければ早めに開門いたします。Aさんは、レンタカーのワゴン車でいらっしゃいました。伊勢原から千葉県白子町の当所まで、交通費プラスレンタカー代で1万5000円くらいでしょう。神奈川県のショップで同じ物を購入すると、12万円以上の価格差が生じますので、わざわざ来られる価値があることご理解されておられました。1800×900×600の底面、背面ブラック水槽に、オーバーフロー加工をされて、5mmのポリカ蓋もご購入頂きました。当社では、1800×900×600サイズの水槽を15mm厚のアクリル板で製作致します。安売り専門の他メーカーで、同サイズを重合接着と言いながら、10mmで作る工場もありますが、このような規格外の薄板によるアクリル水槽は、耐久性において、自殺行為であると当社は考えます。

2012年12月某日

本日は、都内葛飾区のKOさんがご来場になりました。1500×750×600のブラックパンサーのオーバーフローフルセットの特売セットをご購入頂きました。価格の安さについては、今更、語りません。ホームページをご覧下さい。KOさんは、後日、赤帽での配達を依頼されました。1500サイズのオーバーフローフルセットは、赤帽の荷台に8点セットがすべて収納できます。千葉県白子町から葛飾区まで、15,000円ですので、8点を別々に路線便で送るより遥かに安く済みました。

2012年12月某日

本日は日曜日です。群馬県高崎市からアロワナファンのKさんが来場されました。今まで90cm水槽で1年間、龍魚を育てていたそうですが、40cmを超えたのを機に大型水槽の購入を決定されたそうです。ちなみに、その龍魚は、千葉県松戸市にあるアロワナショップ「アクアルビー」で購入されて、スプーンヘッドの体型が大変気に入っているそうです。当展示場にも、アクアルビーの”アルティマ”が5匹いますが、皆スプーンヘッドの見事な体型になります。1360×750×430のブラックパンサー水槽、アングル台、ポリカ蓋、コンパネ、全ての合計で108,000円でした。これだけのバーゲンプライスですと、高崎市からご来場されても充分に元が取れますよね。日曜日なので、東京への帰投渋滞に巻き込まれることを避けて、朝9:00にはご来場になり、11:00には当地を出発されました。PM12:30前に当地を出発されると行楽客の帰投渋滞にハマることなく東京まで1時間足らずで到着できます。高崎に帰る途中で、アクアルビーに立ち寄ってからお戻りになるということでした。

2012年11月某日

本日は、都内、上野からアロワナファンのKAさんがご来場されました。1360×700×430のブラックパンサーをご購入頂きました。魚は、埼玉県草加市にある「ポンティアナ」で、ウルトラレッドF5を購入済みで、まだ魚はポンティアナで保管中ということでした。当然ながら先に水槽をセッティングするということで、いらっしゃいました。当展示場にも、ポンティアナから来たウルトラレッドが15匹もいます。皆、素晴らしい発色です。KAさんのお車のサイズでは、水槽が積めませんでした。そこで、当社代表は、月に1回程度はポンティアナに遊びに行く機会があるので、ポンティアナに当社が水槽を運ぶことになりました。これなら送料は無料で済みます。後日、KAさんご自身で、ポンティアナに水槽を取りに行くということでした。当展示場には、「ポンティアナ」・「アクアルビー」・「ラフレシア」からのお客様がほぼ毎日のようにいらっしゃいます。本日は、ありがとうございました。

2012年11月某日

本日は、名古屋から、アロワナファンのKさんがご来場されました。1800×750×600と1500×750×600のブラックパンサー水槽を2本お買い上げいただきました。それぞれの価格は、ホームページに書いてある通りのバーゲンプライスです。この価格なら、名古屋どころか九州からわざわざトラックで来ても充分にコストが合う程のバーゲンであることをよく理解されておりました。ちなみに、車はハイエースでいらっしゃいましたが、2本とも難なく収容できました。2本とも、多少の仕上げ加工とツヤ出しに約2時間かかるということになりました。そこで、時間の有効活用ということで、当地から埼玉県三郷市にあるアロワナショップ「ラフレシア」へ往復するということになりました。千葉県長生郡白子町の当地から、ラフレシアへの往復は、渋滞さえなければ、約2時間40分くらいです。当地を12時に出発されて、夕方4:30には当地に戻られました。こんなに時間がかかったのは、ラフレシアで充分時間をかけてアロワナを購入して見学していたからだそうです。ラフレシアでは、過背金龍を購入されたそうです。本日は、ラフレシアでは直輸入便の入荷日にあたり、なんと店内に500匹のアジアアロワナがいるそうです。当展示場にもラフレシアから購入した過背金龍が8匹おります。かなりの仕上がりなので見学だけでもいかがでしょうか。

2012年11月某日

本日は、横浜からアクアラインを通って東京湾、房総半島を横断して、海水魚ファンのお客様が来場されました。横浜からわずか一時間、三年も飼われているタテジマキンチャクダイが、20cmを超えたのを機に水深のあるオーバーフロー水槽の購入を決めたそうです。30cmのタテキンを目指すには、やはり巨大水槽が必須です。2000×1000×800のオーバーフローフルセットを購入されました。本日は、スポーツカーでドライブがてら来場されましたので、後日、当社のトラックで配達、設置まで行う契約となりました。アクリル水槽の知識が深い方で、このサイズの水槽に25mm厚のアクリル板を使う意味を正確に理解されておられました。当社の販売価格フルセット79万円に対して、海水魚ショップで購入すれば160万近くになってしまうことも、よくご存じでした。当社代表は、中学生の頃から、45年間の極め付きの海水魚マニアなので、同様の海水魚マニアのお客様と長時間、話しが弾みました。話が盛り上がったついでに、代表所有の別荘にある8トンの海水魚水槽を見学して帰路につかれました。
※この8トン水槽についての取材は、マリンアクアリスト2013年冬号に掲載されることになっております。

2012年10月某日

本日は、三重県より龍魚マニアのN様が、2400×900×600通常品の水槽を事前に予約でご来場されました。なんと経費節約のために高速を使わず国道一号線をひたすら走っていらっしゃいました。深夜の一国は、意外とスムーズに走れるそうです。当地には、明け方に到着するということでしたので、営業時間の8:30を待たず、前日から門を開けて駐車場で9:00迄、仮眠して頂くことにしました。当社駐車場は、2トン車で50台まで駐車できます。とにかく、この商品が欲しかったとの嬉しい熱意でした。オーバーフロー加工は、現場で決めるということでしたので、ご来場のあと担当者と相談のうえ、位置を決めました。穴あけ、オーバーフローキット装着、養生に約1時間かかりますので、待ち時間の間、近くの温泉に行かれました。当社と提携しており600円で済みます。水槽のあまりの低価格に現金が余ったと、1200×600×600の傷ありアウトレット水槽を水換え用にオマケで購入頂きました。早朝から3時間、仮眠したことと日帰り温泉で2時間、休養したということで、当社のすすめる温泉施設で仮眠を取らず、そのまま三重県に向け出発されました。すごく元気なお客様で当社も元気を頂きました。

16 / 17先頭10151617